W3Clove: サイトまるっと文法チェック

Base URLを指定するとそこから一連のURLに対して W3C Markup Validation を適用してくれる中継サイト。なので、MIMEタイプをエージェントチェックで判別して見せている場合には HTTP_USER_AGENT の値が W3C_Validator の場合に application/xhtml+xml で出力してあげれば出力タイプでの警告なしに結果を受け取る事ができます。

因みにこのサイトでは header.php の先頭にスクリプトを書いてMIMEタイプを決定しています。

<?php
$ACCEPT = $_SERVER['HTTP_ACCEPT'];
$UAGENT = $_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if (eregi("MSIE", $UAGENT)) {
    header ("Content-Type: text/html; charset=UTF-8");
} elseif (eregi("(Another_HTML-lint)|(W3C_Validator)", $UAGENT)) {
    header ("Content-Type: application/xhtml+xml; charset=UTF-8");
} elseif (ereg("application/xhtml+xml",$ACCEPT)) {
    header ("Content-Type: application/xhtml+xml; charset=UTF-8");
} else {
  header ("Content-Type: text/html; charset=UTF-8");
}
echo "<?xml version="1.0" encoding="";
echo bloginfo('charset') . ""?>n";
?>

それで W3Clove を通したら問題ありませんでした。良かった良かった。

via
W3Clove :: site-wide markup validation tool
The W3C Markup Validation Service

CSS3 Validatorの在り処

W3CのCSS Validatorをそのまま使うとCSS 2.1までの検証しかしてくれません。CSS 3の検証を行う場合の方法を How to Link to the W3C CSS3 Validation Page | Bryan Hadaway's Web + Tech Blog で知りました。

実際にコードまで書いてくれているので付け足す事は何もありません。

So, as a compromise, instead of linking our pages to the referrer link, we’ll have to link our stylesheet to the CSS3 Validator like so:

<a href=”http://jigsaw.w3.org/css-validator/validator?uri=http://www.website.com/css/style.css&profile=css3″>Valid CSS</a>

これで検証できます。参照元記事のエントリが2010年ですから既に2年近く放置状態。早くW3C側で整備して欲しいですね。

via
W3C CSS 検証サービス