椎名林檎: 三文ゴシップ

東京事変明けといったら変な感じですが、ひさびさのソロアルバムですね。セカンド、サードと徐々に表面化してきたジャズっぽい雰囲気が完全に露出したなあという印象を受けました。その一方で、どこか悪意を感じさせるような言葉まわしは健在で初期とは違う林檎ワールドが広がりつつあるなあ…という予感。

ほの暗い(意訳: ちょっと明るい)雰囲気も退廃的な雰囲気も好きですよ?

[amazonjs asin=”B0026I1ILO” locale=”JP” title=”三文ゴシップ”]