Loupe.js: 画像の拡大をしてくれるスクリプト

via
あらゆるページに拡大鏡を追加できる『Loupe.js』 | S i M P L E * S i M P L E

こういうツールが Javascript で提供されるとは素晴らしいです。さて早速動作検証をしました。配布元からの情報も含めて次のような感じです。

  • IEには対応していない Until now it’s not possible to get loupe.js work with IE.
  • application/xhtml+xml では動作しない

Document type の違いによる動作の可否については未だ詳細調べていませんが、動作確認してみたところ間違いなさそうです。一般的なサイトであれば問題なく動作するでしょうが、当サイトでは無理でした。残念。

以降、参考までに text/html で動作させた時のセッティングについて。

先ずはダウンロードしたアーカイブファイルを展開して loupe フォルダごと任意のフォルダにアップロードします。今回の場合はブログのカレントディレクトリ直下に hoge というディレクトリがあるものとして説明していきます。

基本的には Setting Up に記載されている通りなんですが、MTに埋め込むように書いてみました。エントリ毎にURLを持つようなサイトの場合 loupePath を必ず記載する必要があります。

<!-- ++ Loupe -->
<script type="text/javascript">var loupePath="<$MTBlogURL$>hoge/loupe/";</script>
<script type="text/javascript" src="<$MTBlogURL$>hoge/loupe/loupe.js"></script>
<!-- Loupe ++ -->

ここさえクリアしてしまえばエントリ中の img タグに id と onload=”initLoupe(this.id);” を記載する事で動きそうです。ああ、あと注意すべくは次の部分。

It’s not advisable to use the script multiple times on the same page.

未だ実用には耐えないのかもしれない。

参考
Loupe.js

Twitter: Javascript Badge の日付表示部分の修正

via
第4回:twitter の JavaScript Badge をIEで表示するとおかしい件に対応してみる ::: creazy photograph

自分が普段からIE使っていない事もあって放置しっぱなしだった当問題ですが、解決策を提示してくれているサイトさんがありましたので参考に。放置プレイに走らないで自分で解決する姿勢が大事だなあ…と改めて反省。

Javascript の Date.parse 問題として記憶しておきます。以降同じ様な事態に陥った際には引渡しの変数のチェックから行う事にしよう。

Twitter: 最新の投稿内容を Javascript で表示する

via
Going My Way: Twitter の Status を自分のブログに貼り付け可能な Javascript Badge

自分の最新の投稿内容を表示する為の Javascript ですね。結構 Twitter って負荷が高くなると激重になるのでそんな状況を考えた場合には導入をするか否か考えた方がよいかも。気にしない方はお洒落感覚で導入してみるのもアリですよね。

因みにスクリプトを実行するとこんな感じで表示されます。

サイトのバナー部分に表示するように変更しました。

コードの上のほうの部分が時刻の表示関連のようですが、IE で見た場合うまく出てなかったのでこの部分は削除して利用しています。

確かに変な表示になりますね。私の場合は気にしないのでそのままにしておきます。ただなあ…これ何処に貼るかな。面白いとは思うものの貼る場所にちょっと困っている今日この頃でした。

参考URL
Let the world know (on your homepage)! (Twitter)