Google Chrome: GoogleのWEBブラウザを使ってみた

Googleで検索しようかなと思ったらChromeなるものが新登場しているとの事だったので、早速ダウンロードしてインストールしてみました。とりあえず感じた事をずらずらと。

  • 表示・読み込みは物凄く速いと思う: なんか余計な事しないで取りあえずページを読んでる感じ。だからといってスクリプトの動作はとりあえず正常っぽいです。
  • 画像の上下(前後?)関係が何か変かも: フロントに出るべき画像がある画像の裏に隠れてしまったり、並列読込の徹底で前後関係が消滅してるのかな?
  • 串の設定はIEの設定に依存している: 実はアクセスサイトの性質上IEとFirefoxで串を使い分けていたので、この時点でFirefoxからの乗換は不可能な事が発覚。

まあ多少の問題はあるにせよ、フツウのサイトを表示するパワーは物凄いわけで、それだけでも利用する理由にはなりそう。暫く試しで使ってみます。

via
Google Chrome

Safari 3: Windows版パブリックベータを試す

とりあえずダウンロードしてみました。インストールして動かしてみて思ったのが「確かに速い」のと「綺麗なレンダリング」。まあ少し長めにいろいろと巡っていたら不正終了したりもありましたが、概ね良好に動いていました。

現在は標準での日本語実装がされていないのでその辺りは WebKitPreferences.plist のフォント名書換で対応(via 最速インターフェース研究会 :: Safari for Windows betaで日本語表示する方法)。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
<dict>
<key>AllowContinuousSpellCheckingPreferenceKey</key>
<true/>
<key>WebContinuousSpellCheckingEnabled</key>
<false/>
<key>WebGrammarCheckingEnabled</key>
<false/>
<key>WebKitAllowAnimatedImageLoopingPreferenceKey</key>
<true/>
<key>WebKitAllowAnimatedImagesPreferenceKey</key>
<true/>
<key>WebKitBackForwardCacheExpirationIntervalKey</key>
<string>1800</string>
<key>WebKitCookieStorageAcceptPolicy</key>
<string>2</string>
<key>WebKitCursiveFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitDefaultFixedFontSize</key>
<string>13</string>
<key>WebKitDefaultFontSize</key>
<string>16</string>
<key>WebKitDefaultTextEncodingName</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitDisplayImagesKey</key>
<true/>
<key>WebKitEditableLinkBehavior</key>
<integer>4</integer>
<key>WebKitFantasyFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitFixedFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitFontSmoothingType</key>
<string>2</string>
<key>WebKitHistoryAgeInDaysLimit</key>
<string>7</string>
<key>WebKitHistoryItemLimit</key>
<string>1000</string>
<key>WebKitIconDatabaseEnabled</key>
<true/>
<key>WebKitIconDatabaseLocation</key>
<string></string>
<key>WebKitJavaEnabled</key>
<true/>
<key>WebKitJavaScriptCanOpenWindowsAutomatically</key>
<false/>
<key>WebKitJavaScriptEnabled</key>
<true/>
<key>WebKitMinimumFontSize</key>
<string>1</string>
<key>WebKitMinimumLogicalFontSize</key>
<string>9</string>
<key>WebKitObjectCacheSizePreferenceKey</key>
<string>33554432</string>
<key>WebKitPDFDisplayMode</key>
<string>1</string>
<key>WebKitPDFScaleFactor</key>
<string>0</string>
<key>WebKitPageCacheSizePreferenceKey</key>
<string>3</string>
<key>WebKitPluginsEnabled</key>
<true/>
<key>WebKitPrivateBrowsingEnabled</key>
<false/>
<key>WebKitRespectStandardStyleKeyEquivalents</key>
<false/>
<key>WebKitSansSerifFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitSerifFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitShouldPrintBackgroundsPreferenceKey</key>
<false/>
<key>WebKitShowsURLsInToolTips</key>
<false/>
<key>WebKitStandardFont</key>
<string>MS UI Gothic</string>
<key>WebKitTabToLinksPreferenceKey</key>
<false/>
<key>WebKitTextAreasAreResizable</key>
<true/>
<key>WebKitUserStyleSheetEnabledPreferenceKey</key>
<false/>
<key>WebKitUserStyleSheetLocationPreferenceKey</key>
<string></string>
</dict>
</plist>

とりあえず片っ端から “MS UI Gothic” で置き換えちゃいました。セキュリティ云々で色々情報が流れていますが、その辺りは正式版公開時には全て修正されていると期待しています。

参考URL
アップル – Safari 3 パブリックベータ

Firefox: 2.0.0.4がリリースされています

via
ITmedia エンタープライズ:FirefoxなどMozilla製品に危険度「高」の脆弱性
ITmedia News:Firefoxの拡張機能に設計上の欠陥、「Google Toolbar」などで影響

先ず少なくとも Firefox は最新版にアップデートした方が良さげです。その上で2つ目の記事に目を通すと結構恐ろしい事が書いてあります。

この問題が悪用されると、ユーザーはアップデート用のサーバにアクセスしているつもりでも、気付かないうちに偽のサイトに誘導され、警告なしに悪意あるソフトウェアをインストールされる可能性がある。トロイの木馬などがインストールされれば、セッションを盗み見られ、電子メールアドレスやその他の重要な情報を詐取される恐れがあるという。

特定のアドオンが名指しされていますが、どれも使っていない自分がいました。便利な拡張性はセキュリティーホールを作りやすいって事なんですかね。でもだからといってガチガチなのも面白くないし。難しいところですね。

もしも Firefox で自動更新が掛からなかったらメニューバーから ヘルプ -> ソフトウェア更新を確認 でアップデートしてしまいましょう。

Firefox: Screengrab! で手軽にスナップショット

via
窓の杜 – 【NEWS】広面積なWebページも丸ごとキャプチャーできるFirefox拡張機能「Screengrab!」

これまでウェブブラウザでのスナップショットには Browsershots のサービスを利用していました。こういう手軽なツールがあると楽になりますね。

インストールは Screengrab! :: Firefox Add-ons からインストールボタンを押すだけ。その後ブラウザの再起動をすると右下に Screengrab! のアイコンが登場します。ショットを撮りたいところで Save -> Complete Page/Frame を選択すれば後は保存先とファイル名を指定するだけ。PNG形式で保存されます。

参考URL
Screengrab!
Test your web design in different browsers – Browsershots

Firefox 1.5.0.1 日本語版 for Windows公開

Firefox 1.5 の安定性、安全性を向上させた Firefox 1.5.0.1 を公開いたしました。現在 1.5 をお使いの方は、バックグラウンドで自動的に小さな差分更新モジュールがダウンロードされ、インストールの準備ができると確認ダイアログが表示されます。

という事で2月2日に細かいバージョンアップ報告がありました。基本的には安定性向上とセキュリティアップという事ですが、何気に使えなくなったエクステンションもありました。特に必要な機能でもなかったので使えなくなっても痛くも痒くも無いのですが、私が使っていないエクステンションでも当然同じ現象が起こり得ますのでご注意ください。

参考URL
Firefox – Web の再発見 (Mozilla Japan)