XML宣言 VS M$IE6

本来、XMLの範疇に属するXHTMLにはXML宣言を書くべきなんですが、M$IE6にはXML宣言の判定を行わずDOCTYPEのみを文書判定の基準とするというふざけたバグがあるとの事。
私のサイトは基本的にXHTML1.1に準拠する様に構築しているという事もありこれは由々しき事態です。
具体的にはDOCTYPEが先頭行に無い場合、W3C標準準拠モードでのスタイルシート適用を行わず後方互換モードでのスタイルシート解釈を行うらしいのですが、XML宣言を無視せざるを得ないM$の仕様って一体…。

続きを読む XML宣言 VS M$IE6

CSSとHTMLのリンク

ようやくある程度規格にそったページが書けたかな?と思いNC7.0でチェックしてみました。ところがどうやらdefault.cssは利用されているもののmain.cssは利用していない様子。早速<link>について調査開始!

…よくわかりません。

というより何を調べたらよいのかがわからん。さてこれは困ったぞ?というわけでGoogleをポータルとしていろいろなサイトを渡り歩いてはページのソースを開いて見てみるという作業の繰り返し。

結局原因はtitle属性の扱いでした。IEで見てるとわからないんだけど厳密にタグを解析しているMozillaではtitleは単純に項目を指定するだけではなくそのページに対するクラス分けにもtitle属性を使っているらしいです。ようするにtitle属性の値は.cssファイルそのものに添付する値ではなく複数の.cssをある名称でまとめるために用いるということのようです。

…というわけで早速ソースの修正。どうでしょうか?NC7.0でもIEと同じデザインで見えているでしょうか。