Microsoft® Windows AntiSpyware (Beta)

IT Pro掲載記事経由Microsoft社がWindows AntiSpyware (BETA)を公開しました。

This helps reduce negative effects caused by spyware including slow PC performance, annoying pop-up ads, unwanted changes to Internet settings, and unauthorized use of your private information. Continuous protection improves Internet browsing safety by guarding over 50 ways spyware can enter your PC.

上記の文章からも分かるとおりSpywareの侵入に伴い発生するような障害をこのソフトが常駐する事で防御または削除するというものです。
常駐時のチェック項目は50にも及ぶとの記述もありますのでかなり強固なセキュリティになると(うた)っています。

2005年7月末まで利用できる様なので導入してみようかと。
以降はインストーラのダウンロード手順の覚書です。

続きを読む Microsoft® Windows AntiSpyware (Beta)

Thunderbird 1.0 日本語版

Thunderbird 1.0 日本語版が発表されていました。

早速ダウンロードして上書きインストールを実施。
特に英語版とは操作感が変わる訳ではないのですが、やはり説明がローカライズされていて使用フォントが日本語になっていると何となく使いやすくなったような気がしますね。

先ずはOutlookにさようなら( ´∀`)/~~

MSからMozillaへの乗換え

これまで長い間、お世話になったMSのアプリケーションにお別れをする事にしました。

ブラウザについてはFirefoxに試乗して約2ヶ月。
メールソフトについてはThunderbirdに試乗して約1ヶ月。

使用感についても問題無く…というより寧ろIEやOutlookより使い勝手が良いので本格的に導入に踏み切った次第です。

…とは言うものの世界的なシェアから見ても未だ9割近くを占めるIEですので無視するわけには行きません。
今後も果たす必要の無い義理の為にブラウザでの表示チェックは続けなければならないわけです。

取り敢えずは微力ながらプロモーションボタンをサイトに表示しつつ社内でも布教活動を続けて行こうかと。

(* ^ー゚)ノバイバイIE&Outlook

自宅のデスクトップ環境をチラッと紹介

先日普段使用しているPCのデスクトップ環境を紹介しました。その後考えていたのですが、自宅の方も公開してみる事にしました。

GOING MY WAY様の記事にて紹介されていたrakaz様のAvatar galleryも導入してみてこの様な具合です。

基本的には自宅の環境でもデスクトップアイコンスッキリ傾向は変わらないんですが、「クイック起動」を活用している部分が違うところですかね。
ほぼ常にWinamp稼動状態で何かしら曲が流れています。

そうそう、自宅のOSはご覧の通りWindows XPです。

aquamarine_ss.png

面白くも何とも無いですが

ぐーたら on MT様の記事経由でThings Falling Apart様の記事を読みました。

私は(一応)システム系のお仕事をしているのですが、煩い画面が嫌いなものでこんな感じの画面です。
殆ど初期画面から変化が無いですね(寂)
デスクトップには最低限使いたいアイコンを置いておいて作業用のアイコンは別フォルダに集めて置いています。
作業用のノートPCだと画面が狭いんでデスクトップにアイコン集めるよりもフォルダ化していつでもタスクから呼び出せる方が何かと使い勝手が良いんですよね。

cefass01.png

続きを読む 面白くも何とも無いですが

これもひとつの終局

早い話が我が家のPC環境を潰してしまいましたヽ(°▽、°)ノ
いや、ちょっとしたメンテナンスのつもりだったんですが
気が付いてみたら2台とも動画が再生できなくなっているという事態に。
一応、修復セットアップを掛けてみたんですが効果なし。
ついでにcodecの入れ替えとかもやってみたんですが効果なし。
動画ファイル自体には問題が無いという事は事前に検証済だったので
これはもうOS逝ってしまったなぁ…と。
…というわけでPC2台分OSインストールしなおしです。
取り敢えず必要なデータ(メール等)はバックアップを取って一気にスタート!
おかげさまで現在はLinuxとWindows 2000という環境でございます。
詳しくは宅のコンピュータのページをご覧くださいませ。

あれ?

…というわけでとりあえずWindows 2000をインストールすべくCDブートにて稼動!

…あれ?何これ?

Setup is inspecting your computer's hardware configuration

…止まってしまった。

原因を探るとBIOSの設定でFDDをNoneで設定しているとインストールができない事が判明。今日はもう眠いしまた明日チャレンジっすね。

Windows 98も使いたい

さてせっかく導入したWindows 2000ですがWindows 98の対応ソフトは動かないものが多いですね。そこで仮想PCを載せてしまうことにしました。今回使用したのはVMware Workstation 3.0 for WindowsNT/2000です。お値段がダウンロード版で299USドルと高めですが、内容は素晴らしいですね。

ただし問題点として、SCSIモジュールの組み込みが上手くいかないというのとDirectXを使って直接画面を切り替えるようなソフトは不正処理で落ちるという2点が挙げられました。この問題をパッチ等の無料配布分で修正できればかなり価値のあるアプリケーションになるのではないでしょうか。

ただ、メモリとCPUはあるだけあった方がよいみたいですね(当然か)。

むむ?

しばらくこのページを更新する事も無く、安定して稼動していたOPALですが、徐々に不安定になった末Windows部(享年98SE)がお亡くなりになりました。幸いにもLinux部が元気であったため重要データの保存に問題はありませんでしたが、最近密か(でもないけど)にはまっているリネージュができなくなるのは非常に痛い!そこで早速復旧作業にとりかかりました。

作業するにあたって必要な事が幾つかありました。まずは、Linuxとデュアルブートにする必要がある事。そしてリネージュが動くOSであること(必須)

後者についてはオフィシャルサイトを覗いたところWindows系だったら何でもいい(さすがにWindows 3.1使ってる人はいないでしょ?多分)という確認をとれたので問題なし。やはり、焦点を前者にあわせざるを得ない状況となっていました。

続きを読む むむ?

エミュレータのお話

この頃ネット上を波乗りしているとたまにえみゅという言葉をみかけます。要するにエミュレータの事ですが、どのような機種をエミュレートするものでも現在では大抵数種類のモノがでていますのでお断りを。ここで紹介するものは私個人が使用しているものです。他のエミュレータとの優劣を示唆するものではなく、単純に個人の感想文としてお読みください。

続きを読む エミュレータのお話