OS: hosts でDNS参照回避

バックアップサーバとの通信などの理由で同じAD上にいるサーバに対してセカンダリのセグメントで通信を行いたい場合の設定。hostsに書けば良いのは当たり前の話なんだけれど、ロングホストネームで通信を取りに行くケースが十分考えられるので、こんな風にしてみた。

コンピュータ名(ロング)
foo.hogehoge
プライマリIPアドレス
192.168.100.10
セカンダリIPアドレス
192.168.200.10

これでhostsを登録する場合はこんな感じ。ショートでは登録しない。また相互に通信する必要がある事が大半だし、行きと帰りの経路が一致しないのも気持ち悪いので相手側のサーバにも確りと書いて置くことが必要。

192.168.200.10	foo.hogehoge

こうするとpingで確認してみた場合もこんな感じになる。尚、登録サーバ相手にのみ 192.168.200 のネットワークで通信を行うので、それ以外のAD上のサーバには 192.168.100 のネットワークで通信する。

C:UsersAdministrator>ping foo.hogehoge

foo.hogehoge [192.168.200.10]に ping を送信しています 32 バイトの
データ:
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.200.10 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

C:UsersAdministrator>ping foo

foo.hogehoge [192.168.200.10]に ping を送信しています 32 バイトの
データ:
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128
192.168.200.10 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

192.168.200.10 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

逆にショートの場合だけセカンダリを通すというのもアリだけれど、最近のMS系ソフトだとAD認証を使ってアプリケーション上での動作を承認したりするので、上のようなやり方の方が良いと思う。

Windows: イベント490@01010004の発生

Windows Server 2008 R2 SP1にて構築の仕組みで発生したシステムイベントログ。通報がガンガン飛んでくるので調べてみたところナレッジに直ぐ引っかかりました。

次のシナリオを検討してください。

HYPER-V ゲスト オペレーティング システムは、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 を実行しているがあります。
ゲスト オペレーティング システムで、SCSI コント ローラーに接続されているディスクがあります。

確かにSCSIアダプタ接続で外部のiSCSIストレージを参照しているのだけれど気持ち悪いなあ。このイベントは無視してもかまいません。っていうから無視します。通報除外フィルタに追加完了。

Windows: イベントログを書き込む

Windowsイベントログを監視対象にすることが増えてきました。検証の為に強制的にイベントを上げる必要があるのですが、コマンド一発で検証終われば便利じゃない?って事で覚書。
一度はヘルプを読むことをお勧めします。

C:Documents and Settingshoge>eventcreate /?

たとえばERRORイベントをSYSTEMカテゴリに登録するのであれば次のようになります。

C:Documents and Settingshoge>eventcreate /ID 999 /L system /T ERROR /D "ERRORイベント登録テスト"

XPとか2003でも使えるので良いですね。

HULFT: ホスト名の大文字小文字判別

HULFT の設定時にたまに躓くのがホスト名の解決問題です。配信と集信は上手くいくのに送信要求や配信要求が通らない場合には、詳細ホスト情報に記載しているホスト名の大文字・小文字の判別が間違っている事があります。

Windows版の場合は、管理画面をあげてタイトルバーに記載されているホスト名を確認するのが一番手っ取り早いようです。お試しあれ。

AIX 5L: resolv.confの登録方法

AIX って resolv.conf も smitty から作らなければいけないのね…という事で覚書。

# smitty resolv.conf

こんな感じでCUIを起動すると、次の様な画面が出てくるんですね。

                          ドメイン・ネームサーバー (/etc/resolv.conf)

カーソルを選択したい項目に移動して、ENTER キーを押してください。

  ネームサーバーの使用の開始
  ネームサーバーをすべてリスト
  ネームサーバーの追加
  ネームサーバーの除去
  ネームサーバーの使用の停止
  -------------------------------
  ドメインの設定/表示
  ドメインの除去
  ドメイン検索リストの設定/表示
  ドメイン検索リストの除去

初期の場合は “ネームサーバーの使用の開始” から “新規 /etc/resolv.conf ファイルの作成” を選択するとファイルを作成してくれた上に domain 句と nameserver 句の入力を促されます。

まあ、便利って言えば便利なんですがこのあたりはサクッと vi あたりで済ませたいな…と思うのは私だけでしょうか。

新進気鋭クリエーター壁紙ダウンロードサービス

Windows 7特集のおまけの様な位置づけで各クリエーターの作成した壁紙(作品)が公開されています。Windows 7を使っていない人でもどんどん使ったら良いと思いますよ。

via
新進気鋭クリエーター壁紙ダウンロード|Windows 7 特集 ‐ すべてはここに

ELSA GD240-1GERLP 購入

一昨日の朝、PCを起動したらディスクはガリガリ言っているのですが、画面が出ない状態になりました。15分くらいでノートPCをモニタに接続したり、アナログ出力からモニタにつないで見たりと試した結果、グラフィックボードがお亡くなりになっていると判断しました。そもそも某ショップブランドのPCにはNVIDIAの8500GTのボードが刺さっていたのですが、こいつが省スペースタイプだった事と、microATXの筐体ということもあって、このボードを選択しました。

結果は良好。現在前よりも快適に動作中です。また、静音ファンと省電力というのも効いているようで、とても静かです。PCを弄るときにはすぐ横に筐体があるのですが、ノイズすら気にならない程のおとなしさ。正に”音無し”いって奴ですね。

このPC、1年保証がついていて購入から1.5年でグラフィックボードが飛んだわけで、ちょっとイラっときたのですが、結果が良かったので全て良しです。しかし、本当にPCのパーツは安くなりましたね。しかも高性能だし。

[amazonjs asin=”B002XPE0PG” locale=”JP” title=”ELSA ビデオカードELSA GLADIAC GT 240 LP DDR3 1GB GD240-1GERLP”]

Windows DVDメーカー: メディアドライブを認識しない

お題目のような現象にぶつかりました。直接の解決方法では無いのですが、回避できるかも知れない材料という意味では、何となくつかめた部分があったので覚書。

Windows DVDメーカーはVista Home Premium以上であれば搭載されているライティングツールです。今回の機器は NEC Lavie LL750/L だったのですが、撮影した動画を連結してDVDを作成しようといざ使ってみたらメディアドライブが認識できていないという状況に。ドライブが書き込み用として認識されていないのかな?と思いエクスプローラ上から書き込み処理をしようとすると、そこはOK。実際に書き込みもできたし、その後の読込も問題なし。

こういう現象が発生する時は、大抵バグチックなものかサードパーティ製のライティングソフトにレジストリ情報を横取りされているもの・・・と他の導入ソフトを探していると、ありました。 Ulead DVD MovieWriter (バージョン覚えてない・・・)。こちらを起動して動画を作成して焼付け・・・一発で正常終了です。

・・・というわけで同現象が発生している方は先ずはプリインストールの他のアプリケーションをチェックしてみては?

[amazonjs asin=”B001BAHNSK” locale=”JP” title=”Ulead DVD MovieWriter 7 通常版”]

RHEL3: gssftpを起動する

RHEL3をインストールした際に一緒に導入されるgssftpを、セキュリティとか余り気にしないでパッと上げてしまいます。
限られたイントラとか期間限定とかでない限りはオススメできません。

検索すればいくらでも引っかかるでしょうが、一応覚書という事で。

  1. /etc/xinetd.dを編集
    # diff gssftp.org gssftp
    6c6
    <       disable = yes
    ---
    >       disable = no
    12c12
    <       server_args     = -l -a
    ---
    >       server_args     = -l
  2. xinetdの再起動
    # /etc/rc.d/init.d/xinetd restart

これで通常のFTPサーバとして稼動する筈。

Poderosa: TeraTermとは違った使いやすさ

poderosa-logo

盆の作業中(14日から17日まで出勤でした)に一緒に作業をしていたベンダーSEさんが使っていたターミナルエミュが面白い感じだったので聞いたところ、紹介してもらえたのがPoderosa(via index – Terminal Emulator Poderosa)です。

タブの切替と画面の分割が容易なのが、スクリプトをガリガリ修正したり、ファイルのメンテをする時に非常にありがたいです。これでTeraTermのようなクイックC&Pが有効だったら操作系は完璧なのになあ。

“操作系は” と限定したのにはわけがあって結構バグっぽいところもあります。例えばバックスクロールした時に消えている行があったりとかログがリアルタイムの吐き出しでなかったりとか。バージョンアップがかかればこの辺も修正されるのでしょうか。まだまだ新しいツールなので今後に期待です。

蛇足ですがCygwinに接続できるのもありがたい。コレ一本で簡単ターミナル生活(意味不明)です。