問題は消える事無く…これ基本?

なんだかわからぬまま基本環境ができてしまいとりあえず机周りを強化する事に。RealPlayer8 BasicやらDownloader ARIAやらチョコチョコと環境をよくしようと四苦八苦。

しかし、テーマを変更した後に気が付いた。~/.gtkrcから呼び出してる.gtkrc.mineって何?恐らくgtkrc.jaは.gtkrc.mineにするべきだったんだろうね。ってなわけで、gtkrc.jaを.gtkrc.mineとしてホームにコピー。うん。何事もないみたい。

でも、何故かWarningが増えているような気が。やはりまだまだ修行がたりないのか?

模倣する?それとも数える?

つまらん事だと思われる方も多いとは思いますが、ホントにつまらん事を見つけてしまいました。実はWindows系OSのデバイス名称なんだけど日本語版と英語版では明らかに違うのですよ。単に「英語と日本語じゃそりゃ違うだろう」とか言われそうだけどそうではないのです。

さて、それでは何処が違うのかですがWindowsをお使いの方はシステムのプロパティからシステムデバイスを参照してください。そこに表示のあるISA プラグアンドプレイ エミュレータ用IOリード データポート。こいつが問題なのです。英語版をお持ちの方は早速同じようにメニューを参照してください。

なんて表示されました?おそらくIO read data port for ISA Plug and Play enumeratorって表示されると思うんですけど。因みに、エミュレータの綴りがemulatorであるとすれば2つの意味は全然変わってきてしまいます。ね?まずいでしょ?

OS追加と反USB化

最近Spool出力がうまく無いんですよね。以前からWindows 98SEはUSB Printerとの相性が良くないとか聞いてはいたんですが、まさかここまでとは。

そんなわけで近々通常のLPポートからSPOOLラインを出そうかな?と考え中です。Mamble…にも書きましたが、Linuxを導入しました。しかし現段階の安定版Kernel(2.2.16を使用)ではUSB関係がHuman Interfaceのみでまだまだ周辺機器には対応していないらしいのです。

Kernel2.4を入れてみてもいいのですが、できる事ならKernelは入れ替えたくないし。現在思案中なのです。

Linuxマスタへの遠すぎる道

とうとう我が家にLinuxを導入することにしました。とはいっても学生時代に使っていたFree BSDとは余りに違い全てが自動でインストされていくんですよね。思わず吃驚!便利な世の中になったな…などと思っていたのですが、どうやらこれはRPM系のパッケージを扱うディストリビューションだけらしく昔ながらのSlackware系は相変わらず大変だそうです。

私が導入したのはLaser 5のLinux 6.4 [FTP版]です。何せ雑誌の付録に付いてきて最初から日本語が簡単に使えておまけに統合環境まで最初から入っているなんてこんな幸せでいいのでしょうか?そんな理由で後に待つ苦労(多分、他の人からみたら大したことないと思いますが)も知らずこのディストリビューションを選択したのでした。

続きを読む Linuxマスタへの遠すぎる道

globeとフルタワー?

もう先週の話になるのですが、まいぴぃしぃの筐体がミニタワーからフルタワーに出世致しました。これはチョイとした熱対策でございます。…というのもこの間の暑い日、Bios上で表示されたCPU温度は62℃!?流石にやばいと思い……っちゅうか思ってはいたのですがそのままほったらかし(苦笑)結果、熱暴走を頻発する事になり結局ケース内の電源部分を外に出して無理やりの空冷。

原因は当然のようにわかっており、ま、要するにFSBの周波数アップによるCPUへの負荷の掛けすぎってやつなんですよね。でも、まい石はCeleron 500メガヘルツ。クロックアップ後のクロックが562メガヘルツ。

続きを読む globeとフルタワー?

なぜLinux?

最近、LinuxがITのトレンドとして名を挙げていますが、Linux普及を担うベンチャー企業群の話が日経紙面を賑わしていました。現在のOS市場は、ほぼMicrosoft社のWindowsが独占状態となっていますが、そんな中でFree OSとしてLinuxが注目を浴びている。しかしながら、専門知識を多数要するLinuxは導入が難しいという事で、ベンチャー企業が名乗をあげている。そんな内容です。

紙面の中で、WindowsNTを用いたシステムが突然ダウンするといった現象を指摘し、そこでダウンし難いLinuxへの期待が高まると。いった内容もみうけられました。

続きを読む なぜLinux?