Origami Projectに期待

謎に包まれるMSの「Origami Project」–一部の詳細が明らかに (CNET Japan)経由で少々調べてみました。

Microsoftがモバイルツールの発表を3月2日に行うような感じです。実際のところこのOrigamiですが、2001年の段階で既に最終コンセプトが発表されていた模様です。機能と価格のところでどのような折り合いをつけていくのかが鍵になりそうな感じですね。正直なところ600ドル以下であれば買ってしまいそうな気がします。

Origami デバイスのサイズは、縦横が 7.5 インチと 3.5 インチ、厚みが 1.5 インチほどで、下記を使用します。

  • カスタマイズされたビデオ レコードとスナップショット アプリケーションをサポートし、ビデオ会議機能を提供するための、Windows XP Embedded の強力なマルチメディア機能
  • Flash ファイルや Shockwave ファイルのプレイバック サポートをはじめとする最新 Web ブラウジング機能を提供するための、Microsoft Internet Explorer 6
  • 電子メール用のOutlook® Express

IE7の開発がかなり進んでいますので実装が期待されますし、その他のモジュールも上記の記事の頃に比べると強化されての発表となるでしょうね。かなり欲しいかも。

参考URL
Origami Project
Windows Embedded – Windows XP Embedded – National Semiconductor

続きを読む Origami Projectに期待

サーバ室に必要な湿度

先輩からサーバ室に関する監査の話を聞きました。一般的に監査と聞くと室温や電力量といった点に目が向きがちです。ところが意外に重要なのが湿度に関する項目だそうです。

一般的に精密機械であれば湿気は無いほうが良いと考えてしまいますが、実際のところ機器の対応湿度は0から99パーセントだそうで殆ど影響は無いと考えても良いそうです。それよりも低湿度になった際の静電気の発生の方がリスクとして挙げられるとの事。適した湿度は50パーセントから60パーセントあたりだそうです。

水冷のフォールトトレラントサーバ

NECがフォールトトレラントサーバExpress5800/ft Serverを発表しています。今回の目玉は自社開発LSI『GeminiEngine』の搭載と低騒音化を図る為の水冷ユニットの採用の2点のようです。

フォールトトレラントサーバと云えば無停止型のサーバを指しますから、シングルポイントフェイラーの徹底的な除去とリスクを減少させるような設計が必要となります。そこに来て水冷ユニットの導入ですので、どういった運用・保守を提案するのか非常に興味深いところです。因みに水冷ユニットを導入した場合に考えられるデメリットについて掲載されているサイトがありましたので、参考URLとして挙げさせて戴きました。

何だかんだ補強しても結局ブルースクリーンになってしまうとリブートしか無くなってしまうWindows系サーバを載せるにあたり、NECを含め各ベンダーが今後どのような技術補強をしていくのか楽しみです。

参考URL
NECが新チップを搭載した無停止型サーバ、水冷を採用 (@IT)
新開発の二重化制御LSI「GeminiEngine(TM)」を搭載したフォールト・トレラントサーバ「Express5800/ftサーバ」新モデルを発売 (NEC)
水冷のデメリット (USER’S SIDE)

続きを読む 水冷のフォールトトレラントサーバ

CPRMを理解して楽しいDVDライフを

実家から帰る折、父からテレビ番組を録画したDVDを受け取りました。ところがPCのDVDドライブにメディアをセットして観ようとすると、CPRMによって暗号化されている(云々)とポップアップが。CPRMとはコピーガードの方式の一種だそうで、ビジネスコンテンツをコピーワンスとして配信する事で録画回数に制限をかけて、再生時にデコードをしないと閲覧できなくするというモノだそうです。このデコード機能についてですが、最近発売されているマルチコンパチブルのDVDドライブであれば、再生用アプリケーションとセットで対応という形式を取っている模様です。

先日ドライブの買い直し(DVR-ABM16C購入)が発生したため対応は十分でした。ただ、添付アプリケーションのUlead DVD Player 2.0をインストールしていなかった事と、CPRM対応キーダウンロードについての手順がOEMについては独特なもので手間取ってしまいました。説明書を読むという事の重要性を久々に感じました(苦笑)

参考URL
DVDムービーライター (Ulead)
DVR-ABM16C,DVR-ABM16CBK (I-O DATA)

PIXUS MP170で年賀状作り

年賀状作成に取り掛かりデザインも決まったのでいざ印刷!しかしプリンタが巧く紙を吸い込めないという事態に(´Д⊂ 折角明日には年賀状を投函しようと思ったのに…という事でかなり意気消沈していたのですが、思い立ったが吉日という事でプリンタを買いに行ってしまいました。

このPIXUS MP170に限った事ではないのでしょうが、最近のプリンタというのは設定が簡単で吃驚ですね。開封から印刷開始まで30分くらい。途中掃除をしたりとか配線したりでこの時間ですからホントに簡単です。そしていざ印刷開始!

静かで速くて色も綺麗。いい事尽くめだなあと軽く感動しました。急な出費ではありましたが奥様共々実に満足。良い買い物でありました。スキャンとかコピーとかもできるんですよね。凄いなあ。

DVR-ABM16C購入

これまで利用してきたDVD, CDのコンパチブルドライブが逝ってしまいました。最近DVDで映画鑑賞をする位でしか使用していなかったので気が付かなかったのですが、CD操作部のアームが完全に壊れてしまっていた模様です。お蔭様でOSではCDだと認識してもデータが読めない有様でした。

そんな理由で新たなドライブを購入してきました。今はこんなに性能の良いドライブが1万円程度で買えるんですね。時代の流れについていけていない自分に軽くショックです。自宅に持ち帰って早速装着。OSを上げてみるとCDも読み込めて幸せ(*´Д`)

Alphaサーバマイグレーションセミナー

『HP Intel 共催 Migration Forum Alpha サーバから Itanium 搭載 Integrity サーバへの移行』
…というセミナーに参加してきました。要は現在Alphaサーバを利用している企業に対して今後どのような形でAlphaから離れるかという事を主題にしたセミナーです。

Alphaサーバは来年2006年9月末日をもって販売終了となり2011年にてサポート終了となるとの事です。Tru64 UNIXについても2008年にラストビルドが出荷されるのを最後に2011年でサポート終了です。その後のシステムをどういった形に持っていくのかというのは各社とも悩ましいところで弊社でも何らかの対策を考えなければなあ…と話を聞きながら考え込んでしまいました。

因みに本日一番印象に残った事項ですが、Itaniumの読み方は『アイテニアム』が正しいとの事。インテルの方が仰っていましたので皆さんもアイテニアムと呼んであげましょう。

参考URL
Alphaからのマイグレーション (日本HP)

データの暗号化の必要性

今日はSANRISE WORLD 2005 in OSAKA (日立製作所)に行ってきました。時間の都合上残念ながら全てのセッションに参加する事ができなかったのですが、面白い製品の紹介を聞くことができたので忘れないように覚え書きです。

NeoScale Systems, Inc. (東京エレクトロン)のCryptoStorという製品なのですが、とても印象に残る製品でした。データをストレージに格納する際の暗号化を通信経路上でハードウェアで行ってしまおうというコンセプトの製品です。

ストレージ、テープ、他サイトと3つの用途に分けてリリースしているのですが、パフォーマンスやディスクスペースに殆ど影響を与えないというのは良いですね。物がハードですので故障した場合や設置スペースの問題がついてまわりますが、多重設置で冗長性を持たせてしまえばかなりメリットを生かす事ができそうです。

後はコストですね…(悩)

Computer Baton

Computer Baton (caramel*vanilla)を拾ってみます。そこはかとない昭和スメルが立ち込める内容になる予感がしますが、そこの辺りは軽くスルーで宜しくです。

因みにこのバトンは取得制だそうですので興味のある方は持っていってください。

初めてPCを触ったのはいつ頃ですか?そのときの感想は?

恐らく1986年の友人宅で触れたMSX2が最初のPCだと思います。BASICとか少し教えて貰いましたけど全然覚えていません。グーニーズとかグラディウスとか…ゲームで遊ばせて貰いました。感想は、

「キーの配列が全然わからん。どこにどのキーがあるのかわからないからツマラナイ。」

でした(苦笑)まあ小学生の感想なんてこんなものですよね。

PCを買おうと思ったきっかけを教えてください。

高校に入った時にPCくらい扱えないと不味いかな…と思ったのが切欠です。幼少の頃からの貯金もありましたし親も援護してくれるという事で思い切って買いました。後はFM音源を扱ってみたかったというのが理由のひとつにかるかも。結局MIDIは高額すぎて手が出なかったのですが、コンピュータと音楽に強く惹かれていたのだと思います。

今までのPC遍歴を教えてください。どんなマシンを使ってきましたか?

  • NEC PC9801 DX2
  • NEC PC9801 FS
  • NEC PC9821 XF
  • 自作機(初代) → 自作機(二代) → 自作機(三代)

初めて購入したPC9801 DX2は16MHzで動作する当時ではかなり高価なPCでした。音源ボードはYM-2203でFM3音+PSG3音と当時では中々の高スペックでしたよ。このマシンを約3年間使用して次のマシンへ。その後9,800円で購入したPC9821 XFへと移行しました。初のPentium(60MHz)の速さに驚きつつ数年の間使用して自作機へと移行していきました。

自作機は様々ですが、パーツ交換したり箱変えたりしたので正確なところは良く覚えていなかったりします。現在二代目と三代目を併用していますが、最近二代目の調子があまり宜しくありません。電源なのかM/Bなのか故障箇所が非常に微妙なところです。調査の時間もないので放置してしまっています。

あなたにとってコンピューターってなんですか?

  • 24時間着いてきて離れてくれないもの
  • 生活をまかなう為の収入源
  • 無いと何かと困るもの

…っていうところでしょうか。

1番目と2番目は殆ど同じ意味なのですが、要はコンピュータが無ければ仕事が無くなってしまうという事です。序にトラブルが発生すれば携帯電話が鳴りますから24時間何処へでも追いかけてくる厄介な奴でもあります。3番目については一般的な意味で書きました。チケットの予約から本の購入まで最近は何でも『インターネット』に頼ってしまっています。ネットワーク自体が壊滅したらライフスタイルが一変する事間違い無しです。

HD-PHS80U2/UC

最近流行りのポータブルHDDを購入しました。ノートPC持ち歩きで現場で仕事をする機会が増えてきているので必要性を感じていたのですが、なかなか購入に踏み切れなかったと云う(苦笑)出たばかりの100GBタイプは未だ27千円以上しますからアレですが、80GBタイプは18千円を切るようになってきましたから大分手頃になってきましたよね。

実際使ってみると便利さに脱帽ですね。サーバからデータ吸い上げたり自分のデスクトップとファイルの遣り取りをしたり。オンラインマニュアルをISO形式で保存しておくというのも良い感じです。