Google Logo: 敬老の日 2014

敬老の日 2014

本日敬老の日也。お年寄りを大事にという一方で高齢化による社会的労働者への責任転嫁…というか年金支払と受取の問題先送りが益々深刻になってきました。

総務省が14日、敬老の日に合わせてまとめた15日時点の推計人口によると、65歳以上の高齢者人口は3296万人で過去最多だった。1947?49年生まれの「団塊の世代」のうち、49年生まれが新たに65歳に達し、年内には同世代の全てが65歳以上となる。8人に1人は75歳以上の後期高齢者で、高齢化社会が急速に進んでいる実態が浮き彫りになった。

敬老の日にこんな事書いたら気を悪くする人も多いでしょうが、そうも言っていられない現状。私の定年は65歳? 70歳? それこそ75歳? どうなるのでしょうか。

[amazonjs asin=”4532319048″ locale=”JP” title=”「ディープな高齢社会」ニッポンで稼ぐ―消費と流通の先を読む”]