SNSとかSBMについての要件を整理する

SNS同士の連携を色々使っているのですが、何となく場当たり的になってきているので一度要件を整理して必要最低限の機能に留めてみるための試み。先ずは利用しているサービスを書き出してみる。

利用中のサービス – cefawiki

今となっては全く使っていないサービスもあるのだけれど整理する上で再利用できるのだったらその方が良いし、もっと良い競合サービスがあるのだったら乗り換えるのも良い。しかしここでは乗り換え検討まではしない。あと、利用を止めるのはアリだと思う。機能が重複するようなものは特に。

先ずはどのあたりに機能重複があるのか。個人的な使い方としてSBMは整理しなければならない。 Delicious と はてブ の使い方は完全重複している。更に Tumblr. はその双方の機能を包含している…のだけれどブックマークレットは Delicious が使いやすい。主にタグ付け的な意味で。ニュース系は Delicious で画像系は Tumblr. かな。はてブは暫くお休みの方向で。

次にブログというカテゴリに括られた WordPress と Twitter に特に重複するようなところは無いので上記の話が順当に行けば問題なし。ツイートの内容をどうまとめて置くのかが考えどころになる感じ。但しTwitter API 1.1については話が別。要はフィードの出力ができなくなるので、そのあたりの連携は使えなくなるわけだし(誰かが JSON 出力からの変換ツールとか作りそうだけれど)。まあ JSON で書かれたツールを使えば良いわけだけれど。

SNSはあまり記載する事もない。アウトプットは FB でしか発生しないので g+ の方は基本放置の方向。そもそも g+ の真の用途は Google Maps との連携を iPhone 上でしやすくする事。なのであまり今回の検討とは関係ない。Last.fm は音楽での繋がりをもつ為のツールだから使い方の重複が発生しない。なのでスルーの方向。

以上で重複部分が片付いたので、情報の集約についても整理するのだけれど結構難しい。理想は次の通り。

  • WordPress に連携させるもの
    • Flickr へのアップロード内容
  • Facebook に連携させるもの
    • Delicious の登録内容
    • Twitter へのツイート内容
    • Tumblr. への投稿内容
    • WordPress への投稿内容
  • Facebook のプロファイルタイムラインと連携専用のタイムラインを分離する。

Twitter から FB への連携は公式の機能なので問題無いと考えた。一度、FB側でアプリを削除した後、Twitter側のプロファイルメニューから再度有効化。全然問題発生せずに完了。Tumblr. はダッシュボードの設定から FB への連携設定ができる事がわかった。検証まで含めて完了。

おまけの様な内容だけれど Last.fm も FB との連携が可能とか。とりあえず過去のリストを取り込んでくれて FB にリストが表示されるようになった。基本コックピットって FB にするのが良いのかな?

Delicious と WordPress から FB への連携については RSS を使ってしまおうと思ったわけだけれど FB ってば標準機能でフィードの取り込みができないようになっているように見える。そこで RSS Graffiti 2.0 を利用しようと思ったわけだけれどアプリから検索ができないので直でページに跳ぶ必要あり。一度跳んでしまえばインストールは特に難しくもないので割愛。その後は次のようなステップになる。

  1. RSS Graffiti 2.0 で “Add New Publishing Plan” から任意の名前で定義情報を作成
  2. “SOURCES” 側に取り込むフィードのURLを設定
    • “SCHEDULING – Update Frequency” を “As soon as possible” に変更
  3. “TARGET” 側に表示させるページのタイトルを設定
    • “POST STYLE” を “Status Updates” に変更
    • “Append URL” にチェック
  4. 一度取り込みが完了したら “SCHEDULING – Update Frequency” を “Four times a day” に変更

まだ更新されないようなので暫く時間を置いて確認してみる。Delicious の方の確認が取れたので WordPress の方のフィードも取り込めば完了。

via
対策しないと410を返されて恥ずかしいことに?:Twitter、旧APIの廃止に向けた「予行演習」は3月5日から – @IT