新型インフルエンザ: 伊丹市内の朝が閑散

ついに国内でも感染が広がりだした新型インフルエンザですが、よりにもよって兵庫県と大阪府からとは・・・。

私の住んでいる伊丹市は大阪国際空港があるので大阪府だとおもわれがちですが、兵庫県になります(隣の池田市と同じ市内局番ってのが、なんともですが)。そのせいでしょうか、昨日今朝と息子の通う習い事先からは一週間お休みの連絡がありました。

そして通勤中には小学生も中学生も高校生も見当たらず。なんだかとても閑散とした、まるで日曜日の休日出勤時のような人の少なさでしたよ。おまけにサラリーマンの方々は皆マスク装着。なかなかに緊張感のある光景です。

一方、梅田に到着すると何故か私服で遊びに行くような中学生か高校生くらいの集団がチラホラ。緊張感まるで無し・・・っていうか、おまえらそれで感染したら最悪だぞ!ってな具合ですね。

自分は大丈夫!とか思っているんだろうけれど、そういうところから感染拡大とか現実に起こったら、多分殴ります。そいつらのこと。もう少し考えろや・・・と。

先ほど職場で使い捨てのマスクを何枚か支給されました。自宅勤務とならないあたりがサラリーを貰っている勤め人の辛いところです。この不況にあって、こんな状況。弱り目に祟り目とはこの事でしょうか。

あ、でもマスク関連の企業はウハウハなのかな?

そうそう最後にモノをいうのは正確な事実の見極めと冷静な対応です。浮き足立って騒ぎ立てるのは愚の骨頂。そのあたりはご注意を。

via
厚生労働省:健康:新型インフルエンザ対策関連情報