聖闘士星矢: 今になってハーデス編読了

小学生から中学生の頃に読んでいた聖闘士星矢ですが、ポセイドン編以降は全然記憶になかったわけです。そこで文庫版全15巻を読み直してみました。

[amazonjs asin=”B002DEKKBK” locale=”JP” title=”聖闘士星矢 文庫 全15巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)”]

ハーデス編の記憶につていは、サガ達が十二宮を駆け上がるあたりはぼんやりと覚えていましたが、それ以外は全然覚えていなかったので読んだ甲斐があったというもの。でも第八感への目覚めはいい加減過ぎるだろうと。まあネタばれは避ける意味で最後の方の展開については触れませんが、終わり方があまりにあっさりしていたなあ…という印象。

それでもやはり黄金十二宮編は面白いですね。もう一度アニメで見たくなりました。DVDレンタルされているだろうし借りてみようかな。

参考URL
聖闘士星矢

[amazonjs asin=”B0007NOMN6″ locale=”JP” title=”聖闘士聖衣神話 ペガサス星矢(最終青銅聖衣)”]