Google Sitemapsを利用してみる

絵文禄ことのは様の記事よりGoogle Sitemaps BETAを利用してみる事にしました。FAQの日本語訳を読んでから原文を知ったわけで順序から云えば逆ではありますが、まあそれも良しという事で。

具体的には、Google社が提供するThe Sitemap Protocolに沿ってXMLを生成します。それをGoogle Sitemapsのフォームから登録するという流れになります。

以下に登録までの流れをメモしておきます。

sitemap.xmlの作成

先ず配信(登録)するサイトマップを作成します。プロトコル自体は簡単なものですが、Sitemap ProtocolにあるSample XML Sitemapを基に作成するのが楽で良いかも知れません。

因みに私が作成した当サイトのサイトマップは次のような具合です。下記の例はMTのインデックステンプレートの記述例ですので一般のサイトの場合には別の記述となります。ご注意を。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
<url>
<loc><$MTBlogURL encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><MTEntries lastn="1"><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$><$MTBlogTimezone$></MTEntries></lastmod>
<changefreq>daily</changefreq>
<priority>0.5</priority>
</url>
<MTEntries><url>
<loc><$MTEntryPermalink encode_xml="1"$></loc>
<lastmod><$MTEntryDate format="%Y-%m-%dT%H:%M:%S" language="en"$><$MTBlogTimezone$></lastmod>
<changefreq>never</changefreq>
<priority>0.8</priority>
</url></MTEntries>
</urlset>

priorityは0.0から1.0の値を指定する事で相対的に優先度を設定するものですが、最重要項目というような内容がサイト内に無いためインデックスを0.5として個別エントリを0.8としています。

changefreqについては、個別記事に関してはエントリ後ほぼ変更が無いと云うことでneverにしていますが、プロトコルの仕様によればneverを指定しても定期的に巡回されるという事ですので万が一変更がかかっても安心です。

It is also likely that crawlers will periodically crawl pages marked “never” so that they can handle unexpected changes to those pages.

Google Sitemapsにsitemaps.xmlを登録

上記で作成したsitemaps.xmlをフォームから登録(Submit)してやります。アカウントが無ければ作成してしまいましょう。

Sign inすると『Your Sitemaps』という登録したサイトマップの一覧の画面が出てきます。最初は当然何も登録されていないので『Add a Sitemap +』をクリックしてサイトマップのURLを入れてやります。後はSubmit URLを押せば登録作業開始。StatusがPendingになっていれば完了です。