こんな晴れた日には

今日の仙台は正に小春日和と言った気持ちのよい天気でございまして、仕事中にも関わらず遂々睡魔が背後に立ちっぱなしというある意味、極限状況が続いております。

「こんな日には花見でもしたいなぁ?」

等と思うものの、こちらでは未だ桜の花を見る事はありません。

さてさて、実は先週末から花見の為に二日程東京に行ってきました。今年初の桜という事もあって、感慨も一入。とても気持ちの良い春の日を過ごす事ができました。

しかし、桜というものは他の花とは違った趣がありますよね?僕自信が日本人であるという理由が大半を占めるのかもしれませんが、それと判っていても遂々感嘆の溜息を漏らさずにはいられない、一種の強制力の様なものを感じてしまいます。その強制力が日本人に花見というイベントを与えその恩恵(人によっては災害)を受けるのが僕たちであると言う事にどこか優越感を持つのは僕だけでしょうか?(多分そうでしょう)

仙台の桜が花開く頃、日に日に北上してくる暖かさとともにその香りを身体いっぱいに吸い込んで昼寝をする…なんていうのも良いかも知れません。