なぜLinux?

最近、LinuxがITのトレンドとして名を挙げていますが、Linux普及を担うベンチャー企業群の話が日経紙面を賑わしていました。現在のOS市場は、ほぼMicrosoft社のWindowsが独占状態となっていますが、そんな中でFree OSとしてLinuxが注目を浴びている。しかしながら、専門知識を多数要するLinuxは導入が難しいという事で、ベンチャー企業が名乗をあげている。そんな内容です。

紙面の中で、WindowsNTを用いたシステムが突然ダウンするといった現象を指摘し、そこでダウンし難いLinuxへの期待が高まると。いった内容もみうけられました。


が、例えば個人がPCに乗せるOSとしてLinuxを選択する事にどのような意味があるのかと言えば、殆ど無い。というのが私の意見です。別に私がWindowsフリークだからこのような発言をするのではなく、現時点でのApplicationの絶対数を見た場合、Windowsほどの多種多様に渡る保持数を見せるOSが他に無いからです。

現在、私は職場でUNIX(あえてOS名は挙げませんが)を用いて業務をしています。確かに企業単位でUNIXを用いる事は、むしろ喜ばしい事だと思います。しかしながら、個人単位でUNIXを用いる利点は、システム構築の学習、及びProgramingに置けるライブラリの活用くらいしか浮かびません。

そうなると、個人単位での導入を考えるならば、LinuxよりもむしろFree BSDの方がより効果を上げられるのではないかと考えるのです。最近ではDualという言葉も出てきていますが、そんなにWindows以外のOSをPC/AT上で用いたいのならば、Dual Pentium III搭載機にBeOSでも乗せたほうがよほど面白いのでは?と思ってしまう今日このごろです。